手汗をかくメカニズム

手がべたつくのって気になりますよね。
一人で過ごしているときは気にならないけれど、仕事やプライベートで人と接する場面は特に嫌ですよね。

  • 手汗でべたつくので恋人と手をつなげない
  • テスト用紙が手汗でふやけてしまう
  • 車のハンドルが手汗で臭くなる
  • マウスやキーボードが手汗で濡れてしまう
  • ビジネスでのシーンで握手が出来ない
  • マイクがべたつくのでカラオケは歌わない
  • 手汗をごまかすためにいつでも手袋をしている
  • ハンドタオルを常に数枚持ち歩いていないと落ち着かない

 

こんな悩みをお持ちの方も多いと思います。

 

ではどうして手汗が出てしまうのでしょうか。

 

手のひらと言うのは、比較的汗が出やすいかきやすい部位であることが分かっています。

 

もともと、手のひらは汗が出やすいエクリン腺と言う汗腺が多いので、気温が高いときや緊張・不安と言った精神的な変化によって発汗が起こります。

 

「手に汗握る場面」といった言葉がありますが、まさにドキドキした場面を思いつかせます。

 

普段汗をかかない方でも感じないだけで実は少量の手汗をかいているそうで、特に
エクリン腺の量が多い方や精神的に敏感な方は手汗をかきやすい訳です。

 

ではどうすれば手汗を抑える事が出来るのでしょうか。

 

手汗を抑えるメカニズム

手汗は精神的な理由でエクリン腺と言う汗腺から大量に汗がでる現象だと分かりました。

 

ではどうすれば手汗を抑える事が出来るのか見ていきます。

 

精神的な発汗を緩和する

精神的な原因を取り除く事で手汗を抑える事が出来ます。

 

いろんなシーンでのシミュレーションを常に考えておき、どんな場面でも冷静に落ち着いて対処できるようにすることで、緊張しにくくなる。
不安要素を取り除くため、不安なことはいち早く解決できるように確認や対処をしたりすることで、少々の不安なら気にならなくなる。
汗が出ても気にしない強靭な精神力を身に着ける。

 

エクリン腺から汗を出なく又は出にくくする

交感神経からの信号の全部又は一部を遮断して、エクリン腺から汗自体を止めてしまう。
方法としてETS手術やボトックス注射などがあります。
ただ代償性発汗という他の場所から、汗が大量に吹き出してしまう現象などの副作用があり、悩みを解決するためのリスクが大きすぎるため、
「失敗した」
「手術しなければよかった」
という声も多々あるのも事実です。

 

エクリン腺から汗を一時的に止める

汗が出る汗腺を何らかの刺激や汗腺を塞ぐなどして、一時的に止めて手汗を抑える方法です。
この方法では根本的な解決とならないため、直接手汗を止める方法としては意味のないものと思われてしましますが、実際はそうでもありません。
手汗に悩んでいる方のほとんどは、手汗が出ても悩みが解決できればそれでいいのです。

 

  • 恋人と手を繋げればいいんです。
  • マウスやキーボードが手汗で濡れなければいいんです。
  • カラオケでマイクが使えればいいんです。

 

悩み自体は無くなるわけですから。

手汗に一番効く特効薬

このように手汗は、必要な時に必要な時間だけ抑える・止めることが出来れば悩みを解決することが出来ます。

そのような効果が得られる方法として、
エクリン腺から汗を抑える効果のある制汗剤を使うこと
です。そして、

 

  • 効果が素早く実感できるもの
  • ある程度の持続性が確認できるもの
  • 見た目が制汗剤とばれないもの
  • 制汗剤をつけていることが分からないもの

 

この4点を満足する制汗剤を選ぶことで、

  • 効果と持続性の安心感
  • 自然としたふるまいが出来る

など、精神面でもかなり楽になります。

 

最近では、手汗専用のつけた後も自然にサラサラ感が実感できるパウダーで制汗出来る
「ファリネ」といった制汗剤が人気であり
「大満足」「使い続けたい」
という声が口コミで90%以上あるほどです。

 

良い制汗剤は比較的高価なものが多く、「ファリネ」もそのうちの一つであることはたしかです。
ただ購入時は高価であっても、必要な時以外はつけないようにして費用対効果を大きくすることは可能です。

 

また公式サイト限定で、初回限定の大幅割引キャンペーンもされているみたいですし、90日間の返金サービスもありますので、手汗で悩んでおられる方は一度試されてはいかがでしょう。